KIKUKOKO-キクココ-

  • Home >
  • Workstyle >
  • [リモートワーク] やる気がでない時の8つの対処法

公開日:2021/01/02 / 最終更新日:2021/01/17

[リモートワーク] やる気がでない時の8つの対処法

リモートワークやる気が出ない時8つの対処法

働き方改革や、コロナ感染拡大防止のため、リモートワークを導入する企業が増えてきました。
リモートワークという、家の中での作業では、オフィスとは違って誘惑も多く、
「やる気がでない・集中できない」という悩みを抱えている方が多くいらっしゃるようです。

私はリモートワーク歴10年になります。

主にWEB制作、印刷物のデザイン制作などを行っており、
お客様とのやり取りも、メールや電話を使って自宅から行うことが多いです。

やる気がでない、仕事したくない、
そんなモードになってしまうことは、今でもしょっちゅうありますが、
そんな自分とうまく付き合って、仕事をしていく
実践的な「8つの対処法」をご紹介したいと思います。

テレワークやる気がでない時8つの対処法

① 締め切りを作る

私の場合は、締め切りを守らなければ、お客様からの信用を失ってしまうので、
やる気が無かろうが、締め切りが迫ればイヤでも仕事をします。笑
(決してイイ仕事の仕方ではありませんが)

ただ、締め切りまで期間の余裕があると、ついついのんびり、仕事を先延ばしにしたり、
締め切りが無い仕事は、いつまでたってもやらないこともあります。

人間とは多少の危機感がなければ、動かないものそう考えることにしました。
仕事のやる気を出すためには、
締め切りを設けて、ある意味「焦りを味方につける」ことも対処法の一つだと思います。

締め切りは絶対に守る

締め切りを作ったところで守らなければ意味がありません。
守るためにこのようなことを意識しています。

〇忙しくする・・・
納品日とは別に少しタイトな締め切り日を設けて、
他の仕事を入れたり、あえて忙しくのんびりする暇を作らないようする

〇宣言する・・・
「〇〇日までには終わらせます」と、上司やお客様などに、締め切りを宣言する

〇先延ばし防止・・・
テレワークはついつい休日にも終わらなかった仕事を入れがちになるので、
休みの日には予定をいれるようにしています。
仕事が終われば楽しみが待ってる!と思うと、仕事を終わらせようとやる気がでます。

②すぐに作業ができる環境をつくる

私の場合はパソコン作業がメインですので、
パソコンデスクとチェアを置いて、そこを作業場としています。

いつでもデスクの上はキレイに整えて、チェアに座ればすぐに
仕事にとりかかれるようにしています。

また、仕事をしている時間は、暖房やクーラーをケチらないで、
心地よく作業ができるようにしています。
暑いとか寒いとか、心地が悪いと、それだけでやる気がそがれますから。
多少、光熱費がかかっても、その分、仕事の生産性を上げることが重要だと思っています。

もう一つの作業場

ごくたまに、デスクに向かうことすらイヤだと、やる気が出ない時があります。

そんな時はデスクではなく、我が家のソファースペースで、作業をはじめます。
同じ家の中でも、ほんの少し雰囲気が変わるだけで、
ちょっとした気分転換になるなーと感じています。

ソファーでも作業がしやすいように、ソファーテーブルは昇降式にしています。
ノートパソコンなどを使うときは、テーブルを高くできるので、かなり作業がしやすいです。
テレワークを始められたばかりの方など、
ダイニングテーブル兼PCデスクにもなるので、とてもおすすめです。

ちなみに私が購入したテーブルはこちらです。
昇降テーブル Gurand 【グラン】

③あえてON・OFFを意識しない

仕事とプライベート、しっかりとON・OFFをつけ、
メリハリのある仕事ができれば、それはもちろん100点満点なのですが…
やる気がでないときは、ONにするための、やる気スイッチとやらが、
どこにあるかも、分からないものです。

そんな時は、あえてONとかOFFとか意識しないで仕事をスタートするようにしています。

たとえば、ソファーに寝っ転がって、スマホでYouTubeなんかを見て、
完全にダラダラモードに入っている場合、
そこから、よし!仕事するぞ!(キラキラ)なんて、瞬時に仕事モードを入れるのは、かなり難しい!
なので私は、そのままスマホをデスクにもっていて、
YouTubeを見ながらパソコンの電源をいれ、今日のスケジュールを確認して、
“メール返信”などの軽い仕事から始めます。

すると、だんだんと、やる気スイッチがONの方にはいっていって、
そのうちYouTubeをポチっと消して、仕事モードに切り替わります。

心理学や自己啓発などでも、まずは「行動を変えることで気持ちが変わってくる」
というような話を聞いたことがありますが、
「ながら作業なんてダメね~」と思いつつも、この対処法もあながち間違ってないと思っています。

テレワークやる気がでない時の8つの対処法

④仕事を小さなタスクに細分化する

たくさんの仕事や大きな仕事を抱えているときは、
この仕事はどれだけやれば終わるんだ…あと何時間かかるのだろう…;と、
高いハードルにやる気がそがれてしまいます。

なので大きな仕事も、小さく細分化して、
細分化したその小さなタスクを「まずは1つだけでもクリアしよう」と、
仕事への取り掛かりを楽にしています。

人間の集中力は15分~45分

人間の集中力は15分~45分程度が限度だそうです。
なので細分化の目安としては、15分とか30分くらいでクリアできるタスクにすること。

例えば、なにか書類を作る際も
  □タイトルを決める
  □必要素材を3つ集める
  □冒頭部分の文章作る
と細分化して、「今日はとりあえず、タイトルだけでも決める、それだけやっちゃう、頑張れ私!」というような感じです。

タスクリストを出すことすら面倒な時は、
今日しなきゃいけないことを、頭の中で並べて、まず15分ぐらいでできそうなことから初めています。
1つタスクをクリアすることで、小さいながら満足感や達成感を得られます
満足を得て、引き続きタスクをこなす、やる気の継続を促します。

⑤完璧を目指さない

どんな仕事でも、一生懸命やろう、成果を出したい、認められたい!と思えばこそ、
「完璧なものをつくらなきゃ!」という考えが出てきます。

最初から「完璧なものを」と思えば思うほど、
仕事に対して不安を感じたり、プレッシャーで手が動かなくなってしまったり、
自分で仕事のハードルを上げ、やる気がそがれてしまうことがあります。

まずは、とりあえず手をうごかす

仕事の取り掛かりの時点では、
「まぁ、どれだけのものができるか分からないけど、とりあえず手を動かそう!」と、考えることにしています。
手を動かしていれば、だんだんと仕事の全貌も、難易度も明確になってきます。
そうすることで不安が減り、完成にゆっくりでも近づくことでプレッシャーも緩和します。

⑥スクワットをする

実務上の対処法ではありませんが、私の体験として、
運動不足解消のためにスクワットをしていたら、
スクワットをした後は、頭がスッキリして、体もポカポカ、元気が出る感じがして
気持ちも前向きに、やる気が出てくるような感覚になりました。

調べてみると、運動をすることによって、
血糖値が適度に上がり、脳にエネルギーが供給され、やる気や集中力がでるそうです。

私の場合、スクワット(下半身)を15回×2セットか3セット、
ちょっと心臓がドキドキする程度の運動ですが、十分効果を感じています。

ずっとデスクに向かっていると、体も凝るし血流が滞っている感じがしますよね。
そんなときには、ストレッチとか、少しドキドキする程度の運動をオススメします。

⑦昼寝をする

ごはんを食べた後や、疲れがたまったり、睡眠不足だったりすると、
どうしても眠くなります。
ごはんの後、ぼーっと眠くなる瞬間は、あーもう午後の仕事したくない、とやる気がでません。

そんなときは私は思い切って、仮眠をしています。
ただ、やる気回復のための仮眠にはポイントがあって、それは
体も、心も、頭も”しっかり休める”という意識をもつことです。

中途半端にソファーに横になるのではなく、
カーテンを閉め、寝やすい服装でベッドにはいって、しっかりと体を休める体制にします。
心や頭を休めるためには、仕事のことを一切考えないようにします。
「仕事中に寝ちゃってだめだな~~」とか、そんなことは一切考えずに、
堂々とひらきなおって、体を休めることに集中する感じです。

そうすることによって、たった数分でもしっかり眠れています。
起きたときに頭がスッキリして、リフレッシュできます。
(眠れなくても、体を横にするだけで、体の疲労はとれていますしね)

⑧自分を責めない

仕事のやる気がでず、ダラダラとしてしまっている自分を、
責めることがあたりまえだと思っていましたが、
自分を責めれば責めるほど、心のやる気がなくなっていきます。
自分で自分を苦しめて悪循環になっているようです。

できないことより、できたことほめる

「疲れている中でも、とりあえずメール返信だけはできた、えらい!」
「仕事はできなかったけど、家の掃除はできた、えらい!」
という風に、できたことをだけを見るようにして、ついでに自分で自分を褒めるようにしています。

普段、友達を褒めたり励ましたりするのと同じように、
疲れてどうしても仕事ができない1日があったとしても、
「全然大丈夫だよ!体力が回復すれば、余裕で仕事こなせちゃうから!
だから今日はしっかり休みなー」
と、自分を責めずに優しい言葉を投げかけてあげるのです。

仕事の内容も難易度もなにも変わらないけど、
私はダメだダメだって思いながら仕事するのと、
余裕!余裕!と思いながら仕事をするのでは、後者の方が心も体も大いに楽です。
それが明日のやる気につながる、と思っています。

以上が、やる気がでない時の8つの対処法となります。
私は一人暮らしですので、テレワークはかなりやり易い環境ではありますが、
テレワークを始めたばかりの方、お子様がいらっしゃる方などは、
まずは環境づくりの時点で難しいことも多々あるかと思います。

今後も、テレワークに役立つ情報をアップできればと思っています。
またこちらのブログをご覧いただけたら嬉しいです。

関連記事
[リモートワーク]メリットとデメリット&デメリットの克服方法